婚約指輪のお返しの相場

このサイトでは、婚約指輪に関する情報をアフターフォローを含めて詳しく紹介しています。
贈られた場合にお返しをした方がいいのか、その場合の相場についてよく知らない人も多いのではないでしょうか。
時計を返礼品として贈ることも多いですが、それには理由があります。
また、特に返礼品を贈らなかったという人もおり、それが普通なのかも気になるところです。
時計意外の品物でおすすめの品物についてもその理由と合わせて解説します。

婚約指輪にお返しは必要?相場はいくら?

婚約指輪にお返しは必要?相場はいくら? 婚約指輪を頂いた際には、お返しの品物をお礼として渡すことが多いです。
最近では結納を行うことは少なくなりましたが、結納では男性側が女性側に結納品を渡します。
そのお礼に結納返しを行うのですが、その風習は地域によって異なります。
そういった結納返しに倣って、婚約指輪を頂いたらお返しをすることが多くなってのです。
ただし、必ずお返しをしなければいけないと決まっているわけではありません。
婚約指輪のお礼に品物を選ぶ場合の相場は、頂いた婚約指輪の半額か3分の1程度とされています。
例えば100万円の指輪であれば、30万円から50万円程度が相場となります。
30万円程度の指輪を頂いた時には、10万円から15万円程度が相場です。

婚約指輪のお返しをしないのが普通の地域もある

婚約指輪のお返しをしないのが普通の地域もある 婚約指輪のお返しは地方によってしたりしなかったりです。
関東のほうでは半返しといってお返しをしますが、関西のほうではしないとも言われています。
そのため相手の出身地がどこで、結婚に対してどのような風習があるのかというのは調べておいたほうがいいです。
半返しがなかったからといって相手の家庭が非常識というよりも、そういう風習である可能性が高いです。
結婚生活を送っていると家だけでなく、生まれ育った地域によって違うということがよくあります。
あまり驚かずにそういうものだと思っておいたほうがいいです。
本当ならば返さないといけないにもかかわらず返さないというのも失礼にあたりますが、返さないのが普通なのに返ってきてしまうとそれはそれで相手側に気を使わせてしまいます。
「うちの地域ではこれが普通だから」と言わず、相手方の地域の習慣に合わせたほうがいいこともあります。
婚約指輪を半返ししないといけない地域の場合、お返しするものといえば相手が普段身につけているものと言われています。
ちなみに半返しとは指輪の値段の価格の半分から1/3くらいの値段のものを贈るということです。
多少値段に差があるのは地方の風習というよりもその家がどのように考えているかというのもあるでしょう。

婚約指輪のお返しに最適なブランド品とは?

婚約指輪は男性からすると、かなり高価なものです。プロポーズの際に渡したり、その時はイミテーションで後で一緒に選びに行くというパターンも最近では増えています。
結婚の約束の大事な指輪ですし、ダイヤモンドというのが定番で男性へのお礼というのも女性からすると考えてしまうかもしれません。
お返しはどんなものが良いかという事ですが、多いのは腕時計です。ブランドの腕時計を婚約指輪のお返しで贈ると、男性も普段から時計をする方であれば気っと使ってくれますし、女性が選ぶのではなく使う本人でもある男性と一緒に選びに行くのもお勧めです。
サプライズはびっくりもしますし嬉しいという気持ちもあるかもしれませんが、最終的には気に入るかどうかという事も大事なポイントとなってきます。
そのため出来るだけ本人と一緒に選びに行くか趣味を知り尽くしてから選ぶという事をお勧めします。
相場なども調べておくと、大体どのブランドで選べるかわかります。

婚約指輪のお返しにふさわしいオーダースーツ

愛する男性から受け取る婚約指輪は、女性にとって特別な宝物となります。
そして、婚約指輪のお返しにはどんなものが良いのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
婚約指輪のお返しには、オーダースーツもおすすめです。オーダーなら好きな色柄や素材を選ぶこともできますし、既製品とは違い、細部まで採寸して作るので体にぴったりのものを作ることができます。
好みに合うシルエットを選べるのもオーダーの良いところです。
贈るスーツはビジネス用にすることもできますし、冠婚葬祭の際に役立つブラックスーツも長期に愛用できます。
このほかでは、結婚の挨拶に着用するフォーマルスーツや結婚式のおよばれやパーティーなどで着用できるパーティースーツを作るという選択もあります。
金額は、受け取った婚約指輪の価格の3分の1から2分の1程度が相場とされていますが、金額は特にこだわらずとも自由に選ぶことができます。
スーツはお直しが必要になることもあるので、アフターサービスの良いお店を選ぶことがおすすめです。

婚約指輪のお返しをキャッシュでするのはどうなの?

プロポーズの時に男性が女性に渡す婚約指輪ですが、ダイヤモンドがついていてプラチナ素材というのが定番です。
高額な指輪になることが多いですし、給料の3か月分(今はもう少し下がっている価格帯)ということもあり、女性はそれをいただいて男性にお返しをするのが定番です。
半分から3分の1程度のものを返すのが一般的ではありますが、ブランド時計を渡してつけてもらうのもありです。
普段時計をつけないという事であれば、合理的にキャッシュじゃダメ?という方もいるかもしれません。
婚約指輪のお礼が現金というのは、少し味気ないです。
男性からそうしてくれた方が良いと言われたのであれば、それは選択肢に入るかもしれませんがそれにしても現金でお返しをするというのはあまりお勧めできません。
キャッシュでのお礼を求められるのであれば、それを加味してもう少し価格帯を下げた所で指輪を選んでもらった方が良かったという女性も出てくるかもしれません。

婚約指輪のお返しを新婚旅行費で返すというのはあり?

婚約指輪は男性がプロポーズをするときに女性に渡す指輪の事です。
ダイヤモンドの縦爪リングというのが定番ではありますが、最近ではデザインも富んでいますし結婚指輪とセットで重ね付け出来るタイプも有りますのでニーズに合わせて選ぶことが出来ます。
ちなみに婚約指輪の価格相場は大体お給料お3か月分と言いましたが、それは昔の話です。
今は景気が悪いことも有りますので、それよりも大分下がっています。
それでもお返しというのは存在しますし、渡す人もいれば渡さない人もいます。
素敵な結婚指輪をありがとうといった気持ちで、渡す方がお互いに嬉しい気持ちとともに新婚生活を迎えられるのではないでしょうか。
半分から3分の1返しが一般的ですが、ブランドの時計を選ぶのも良いですし、新婚旅行費を女性側がもつというのもありです。
様々なお返しの方法がありますので、どう選んで行くか考えていきましょう。
お礼をする女性の方が多いというのは事実です。

婚約指輪のお返しを渡すタイミングはいつがいい?

婚約指輪のお返しをする場合、どのようなタイミングで行うのが良いでしょうか。
基本的には、両家の結納か顔合わせまでに準備するようにしましょう。
なぜかというと、結納や顔合わせの際に婚約指輪を披露することが多いためです。
このタイミングでお返しを渡すことで両家の共通の話題となり会話が盛り上がり、距離を縮めることができます。
婚約指輪をもらった後や、一緒に指輪を選ぶ際に彼へのプレゼントの有無や欲しいものを相談して選ぶようにすれば、女性側だけが悩まずにスムーズに決めることができます。
彼自身がいらないと言っても、親族の中には気にする人がいる場合がありますので、事前に両家に確認を取ると安心でしょう。
とはいえ、結婚が決まると決めなければいけないことや手続きも多いため、やむを得ず結納や顔合わせまでに準備が間に合わない場合は、入籍・結婚式までには渡すようにしましょう。
婚約指輪のお礼を彼に伝えるという意味もありますのでできる限り早く渡すのがベターです。

婚約指輪のお返しには腕時計もオススメです

日本の文化は、贈り物をいただいたときにはお返しをするのがマナーとされていますよね。
結婚の場合もそれは同じで、プロポーズの際に婚約指輪を男性から女性にプレゼントしたら、そのお返しに腕時計が好まれることが多いといわれています。
婚約指輪はプロポーズされてから入籍するまでに女性が肌身離さずつけている、というイメージがあります。
そのため、返礼品としても男性がいつもつけていられるもので腕時計が好まれるようです。
タイミングは一般的には1か月後までに贈るのがよいとされています。
遅くても結婚式の前に渡すようにしたいものです。時計には一緒に時間を刻んでいこうという意味があるので、贈り物としておすすめです。
指輪が高価なものであればあるほど、同じように高価なものを返すのがよいとされています。
ふだんの仕事の際にもスーツに合わせて身に着けられるようなデザインや、ラフな格好にあうデザインなどに趣向に合わせて選ぶのがよいでしょう。

婚約指輪のお返しは返す必要なしなのかを確認

愛する男性から婚約指輪を受け取るときは、とても幸せな気持ちになります。
婚約指輪を受け取った場合は、女性側も男性に何等かのお返しをすることが多くなっています。
とはいえ、男性へのお返しは絶対に必要というわけではなく、返す必要なしと考えていても、特に問題はないとされています。
せっかく素敵な指輪をもらったのだから、感謝の気持ちを伝えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
女性から男性に贈る品としては、腕時計やスーツ、筆記用具などが人気です。
このほかでは、ネクタイや財布、セカンドバッグなどの実用性に優れているものも向いています。
何を選んでよいかわからない、相手の好みに合うものを選びたい場合は、一緒に買いにいくこともおすすめです。
男性側から、特に返す必要なしと伝えられた場合は、新婚旅行の代金を負担する、新居で使う家具や家電の購入資金に充てるなど他の部分でお金をかけることも考えてみてはいかがでしょうか。

婚約指輪にまつわる疑問「お返しの要不要」「新品仕上げとは」

今回は婚約指輪にまつわる2つの疑問、「お返しの要不要」「新品仕上げとは何か」という事について解説します。
まず「お返しの要不要」についてです。婚約指輪を貰ったら必ず必要かというと、そういうわけではありません。しかし「する」という方が多いようです。
もらっていないという事で、お相手の方と喧嘩になったり雰囲気が悪くなってしまった、というケースもあるようですが、これはカップルによって事情がそれぞれ異なりますので、お互いが納得できるようにするのが大切ではないでしょうか。
贈るものとしては、時計やスーツ、カバンといった身につけたり毎日使うようなものが人気のようです。
また、結婚にまつわる出費負担を少し多めにするといった形を取るカップルもいらっしゃいます。
次に「新品仕上げとは何か」です。これは、身につけていくうちに傷がついたり汚れが目立ってきた婚約指輪を、新品同様にメンテナンスしてくれるサービスです。
指輪購入時にサービスとして付いてくるお店もありますので、購入前にチェックしてみるとよいでしょう。

婚約指輪はお返しよりも大事にすることの方が大切

愛する人からサプライズでもらう婚約指輪はとてもうれしいもので、気持ちが高揚します。
女性の中には、もらった婚約指輪を見て、「こんなに素敵な婚約指輪をもらったのだから何かお返しをしないといけない」と思う人もいるようですが本当に必要なのでしょうか?
いいえ、その必要はありません。
いただいた婚約指輪を一生大事にするということが何よりのお返しだからです。
むしろ指輪よりも高いものをお礼に女性の方から男性にプレゼントするなら、男性のプライドは傷ついてしまうこともありますので注意しましょう。
それでもどうしての何かお礼をしたいというのであれば、家に呼んで手料理をふるまうといった方法がお勧めです。
男性の好きな食べ物や果物や飲み物の好みに合ったメニューを選び、一生懸命料理を作ることで一層お互いの教理は縮まるに違いありません。
料理が苦手、という方であればこの機会に練習をしてみることもできますしお母さんの協力を得ることもできます。

婚約指輪のお返しに肌身離さず身に着けられるものを選ぶなら

婚約指輪を受け取ったら、そのお返しには何を贈るのかも考えていきたいところです。
お返しの金額は指輪の半額から3分の1程度の金額が良いとされています。
大切な婚約指輪を受け取ったのだから、男性に贈る品も肌身離さず身に着けられるものを選びたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
男性に贈るもので、毎日のように使うものなら腕時計もおすすめです。
一緒に時を刻むという素敵なメッセージでもあります。
最近は腕時計をしない人も増えていますので、時計をしないタイプであれば他の品物も考えてみましょう。
それからスーツもビジネスマンであれば、何着あっても困るものではありません。
それに合うネクタイなども一緒に選んでみてはいかがでしょうか。
このほかでは、毎日使うものであれば財布などもおすすめです。
高品質なものならかなり長期に愛用することもできます。
さらに、仕事ではペンなどの筆記具も欠かせないものとなります。
万年筆は特に長期間使い続けられるものなbので、おすすめです。

婚約指輪のお返しの必要性はあるのだろうか

人生において最も幸せな瞬間というものがあります。
ことに女性にとって幸せな瞬間とは、求婚つまりプロポーズをされる瞬間といえるでしょう。
愛する男性から求婚されることは一生の伴侶を得ることになり、最大の幸せである結婚式を執り行えることも意味しています。
特にプロポーズの際には夢にまで見た婚約指輪を男性から受け取ることができ、そのまばゆい輝きに魅了され思わす求婚を受け入れてしまう女性も少なくありません。
婚約指輪は現代では三十万円前後が相場額であるといわれます。
日本人の平均年収は400万円といわれる時代にあって、決して安い代物ではありません。
そこで婚約指輪に対するお返しを考える女性も多いです。
一般的にはその半額を返すのが礼儀といわれますが、必ずしも返礼品を要する必要性はないのです。
返礼品を買うお金をこれからの生活費に充当したり、新婚旅行に費用に充てるといったことでも構いません。
むしろ将来に備えてそのお金をためておくほうが賢明といえます。

婚約指輪のお返しに食品はありだといえますか

女性のとって愛する男性からハリウッド映画のように、膝をついて求婚されるほどうれしいことはありません。
そこにはダイヤモンドがセッティングされたエンゲージリングが差し出され、まるで自分はプリンセスになったような感覚になり、思わず多くの女性が求婚を受け入れてしまうのです。
婚約指輪は、現代では30万円程度が相場といわれ、非常に高価な代物で男性は覚悟を決めてプロポーズをしているわけです。
これにこたえるように、婚約指輪のお返しをしたいと思う女性も少なくありません。
一般的には頂いた婚約指輪の半額もしくは三割程度の品を返礼として男性に返すものとされているのです。
そこで男性の好きな食品などをお返しにしようとする人もいますが、これはやめておいたほうが賢明です。
婚約指輪と同じく、形に残るものを返礼品として差し上げるのがベストといえるでしょう。
旦所が互いにこうした品を持ち続けることで初心を忘れないことにもつながるのです。

婚約指輪のお返しは仕事で使えるアイテムもおすすめ

婚約指輪を受け取ったあとは、女性からも男性にお返しの品を贈ることが多くなっています。
婚約指輪の半額程度の金額がふさわしいといわれていますが、いざ選ぶとなるとどんなものを選ぶかでも悩むところです。
実用性に乏しいものも場合は、せっかく選んでも使ってもらえない可能性があります。
ただ保管しておくだけではなく、日常的に使える品を選びたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
実用性の高いものを選ぶなら、仕事で使えるアイテムにすることもおすすめです。
ビジネスシーンでは、スーツやネクタイは欠かすことができません。
センスの良いものを選びたいところですが。
おしゃれ用では派手になり過ぎてしまいますので、ビジネスシーンにふさわしいものを選ぶことが大切です。
それから、時計や靴なども仕事では欠かせないアイテムで、豊富な種類から選ぶことができます。
ビジネスバッグや財布、名刺ケースなども毎日のように使用することができます。
高級なボールペンなども実用性に優れているのでおすすめです。

婚約指輪のお返しは旅行が人気になっている

婚約指輪を受けったときは、男性側にもお返しを用意することが多くなっています。
スーツやバッグ、ネクタイや腕時計など様々な商品が選ばれていますが、選んだものが相手の好みに合うとは限りません。
物ではなく、素敵な思い出を贈りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
婚約指輪のお返しでは、最近は旅行が人気となっています。
新婚旅行とは別に、国内などでちょっとした旅を楽しむこともできますし、ハネムーンのアップグレードに使うという方法もあります。
挙式前に、旅行をすることは結婚前の素敵な思い出作りになりますし、リゾート地ならおしゃれな前撮りができるというメリットもあります。
撮った写真はウェルカムボードや、披露宴で公開するムービーなどの演出にも使うことができます。
旅行好きのカップルなら、とても楽しめます。
品物とは違い、形に残るものではありませんが、たくさんの思い出や写真、動画などを残せるのは品物にはない良いところです。

記念品にもなる婚約指輪のお返しの品を選ぶなら

愛する男性から受け取る婚約指輪は、女性にとって一生の宝物ともいえます。
素敵な婚約指輪を受け取ったら、男性側にお返しを用意することも多くなっています。
お返しにふさわしい品は色々なものがありますが、同じなら結婚の記念品になるものにしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
特別な日の記念にするなら、刻印を刻めるブレスレットやネックレスもおすすめです。
腕時計も実用性が高く、男性側に贈る品としては定番です。
二人で一緒に素敵な時を刻んでいくという思いを込めることもできます。
長く愛用できる品を選ぶなら、バッグや財布などもおすすめです。
革製品などは、長く使っていくうちに独特の風合いを得ることもできます。
男性がビジネスマンであるなら、スーツやそれに似合うネクタイもおすすめです。
金額をどれぐらいのものにするのかも知っておきたいところですが、一般的には受け取った指輪の半額程度がふさわしいといわれています。

婚約指輪に関するお役立ち情報

浜松 婚約指輪